ARTIST

ARTIST一覧

IKE&rice water Groove Prodction【4/16】

rice water Grooveは愛するクラシックヒップホップを再解釈することで
東洋諸国の威厳と品格を世界に向けて逆発信していた。
そんな中、ヒップホップクルー「LowCulTokyo」のビートメイカー兼ラッパーのIKEと出会う。
彼は言った
「君たちのヒップホップマインドに強く心を打たれた。
そして、俺のスキルは君たちの魅力と本質をより輝かせると確信している。聞いてくれよ。これが俺のヒップホップだ」
何も音の無かった空間に光が差し込む。
彼のビートを聴いたメンバーは2002年のJAY-Zのように自然に首を縦振っていた。
そして現行シーンに風穴を開けるべく連合を組むことを決意した2組は「IKE&rice water Groove Prodction」 を設立し、時代を挟み撃ちする形で進撃を始めたのだった。

CATEGORIES

4/16 sat